記事一覧

PC研究会

PC研究会のニュースです。先日終了しました。

from: EKR - Kathy Sandler
date: 2006/02/02 07:45
Subject: Mock Conference Instructions

Thank you for your interest in participating in the EKR/MISS Foundation Mock Conference.
We greatly look forward to your participation and feedback during our mock conference on Monday, February 6th at 1:00pm Mountain time.

The following outlines the necessary requirements to participate in this session:

I. Confirm your computer settings prior to February 6 th (WINDOWS - BASED SYSTEMS ONLY)

1. Please i nstall the Windows-based Meeting Console. To install, simply access the link below ( at bottom of page select "setup.exe", and choose "run"):

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=1218C09C-7AA3-4B3A-82B4-E7A3A40725EC&displaylang=en

2. This meeting will broadcast internet audio directly to your computer.
Please ensure that you have Windows Media Player 9 or higher installed. To install, access the following link:

http://www.microsoft.com/windows/windowsmedia/mp10/default.aspx

II. February 6th - Mock Meeting Access Detail Access Link:

Backup Information (if experiencing issues with link above) :
Backup access link: https://www.livemeeting.com/cc/gc_min_pro_usa/join
Meeting ID: TT32PQ
Meeting Key: T3BSXZ

III. Technical Issues

1. For any technical issues with your computer setup prior to the mock meeting, contact our Global Crossing Account Manager, Kerry Shea at 253-853-1723 or kerry.shea@globalcrossing.com .

2. During the mock meeting, if you're experiencing any issues, call into our technical communication line of 1-800-747-1915 or 303-248-1285, thene! nter passcode: 5166411 .
We appreciate your time in advance.

Best Regards,

Kathy Sandler

遺品オークション開催

エリザベスの遺品のオークションが行われるニュースです。

---------------------------------
Auction Press Release

FOR IMMEDIATERELEASE
February 21, 2006
Contact: Kathy Sandler (480) 861-7511
http://www.ekrfoundation.org/

DR. ELISABETHKUBLER-ROSS PERSONALBELONGINGS TO BE AUCTIONED

(Phoenix,AZ) Theestate of author Dr. Elisabeth Kubler-Ross, researcher andwriter of therevolutionary book On Death and Dying will be auctioned on Sunday, February26, 2006. Dr.Kubler-Ross, who wasacclaimed worldwide for her pioneering work on death and grief, died in2004.

Dr. Kubler-Ross?private collection includes a widevariety of effects, including fine furniture, personal mementos and aneclecticmix of items gathered in her lifelong, worldwide travels.
Many of the items werereceived as giftsfrom visitors whom Dr.
Kubler-Ross entertained in her northScottsdalehome.
One of themost unique items tobe auctioned is an authentic Indian tee-pee, which had been erected inherfront yard.

The auction, co-hosted by Cunningham & Associates, Inc. and Auctions Systems, will be held at 2324E. University Drive in Phoenix, on Sunday, February 26, 2006 at 1:00PM-MST.
Iteminspection is availableFriday, February 24 from 10 AM to 2 PM, and again on auction day fromNoon to 1PM.
Online biddingis also availablebeginning Sunday, February 19, 2006 at http://www.auctionandappraise.com/auctionschedule.htm .

A portion of the proceeds of theauction will benefit TheElisabeth Kubler-Ross Foundation, a non-profit organizationthat seeks to teachthe ability to embrace
life and death with compassion.
The EKR Foundation provides bereavementsupport and education, advocacy, and palliative care research, as itcontinuesthe legacy created by Dr. Kubler-Ross during her lifetime.

The EKR Foundation is also in theprocess of creating theElisabeth House, a Community Compassion Center, in collaboration withthe MISSFoundation and Arizona State University's West Campus Collegeof HumanServices, Department of Social Work.
Individual and corporatesponsorships arebeing accepted.

They will be hosting a conferencefor grief and traumaprofessionals and bereaved families, called? When a ChildDies: The Vow toRemember, The Call to Comfort? on May 31-June 4, 2006, inFountain Hills,AZ.
The conferencewill also beavailable via the Internet.

Formore information about theauction, contact Auction Systems at 602-252-4842 or 1-800-801-8880.
For more information aboutthe ElisabethKubler-Ross Foundation, contact Program Director Kathy Sandlerat 480-861-7511,or info@ekrfoundation.org.

[悲しみから思い出に]のケイ・ギルバート氏来日講演会のお知らせ

ニューヨークテロ被災者と家族および関係者数千人に、米国赤十字が心のケアを目的に贈った本として有名なの著者 ケイ・ギルバート氏が11月中旬来日されます。
は、今年9月[悲しみから思い出に]の題名で和訳されて日本医療企画より出版されました。
今回、ケイ・ギルバート氏の来日特別企画として、私たちは12日の東京講演、17日の神戸講演を主催します。
東京は、飯田橋レインボービルで18時30分からです。
お申し込みは当実行委員会まで。
詳しくは、トピックスにあります。 

[悲しみから思い出に]のケイ・ギルバート氏来日講演会のお知らせ

ニューヨークテロ被災者と家族および関係者数千人に、米国赤十字が心のケアを目的に贈った本として有名なの著者 ケイ・ギルバート氏が11月中旬来日されます。
この本は今年9月に[悲しみから思い出に]の題名で和訳され、わが国でも出版されました。今回、ケイ・ギルバート氏の来日特別企画として、全国で講演会が企画されています。
私たちは、12日の東京講演、17日の神戸講演を主催します。
ケイさんは日系米国人で講演はすべて日本語で行われます。

予定は、
11月10日(木曜日)19時から
    埼玉さいたま市「さいたま市民会館おおみや小ホール」
11月12日(土曜日)18時30分から
    東京新宿区「飯田橋レインボービル大会議室」
11月17日(木曜日)18時30分から
    兵庫県神戸市三宮駅前「神戸市勤労会館大ホール」
11月18日(金曜日)福岡県博多

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
11月12日(土曜)「飯田橋レインボービル大会議室」講演会

第一部は、ケイギルバート氏の特別講演で「大切な人を亡くした心の痛みを乗り越えるために<悲しみから思い出に>」と題してお話いただきます。
第2部では、ケイギルバート氏を囲んで「かけがえのないいのち、死といかに向き合うか~」を課題に座談会を行います。

対談者は、山梨県甲府市で長年にわたり終末期の患者さんとともに在宅ホスピス医のフロントランナーとしてご活躍され著書も数多い「内藤いづみ氏」と、自らのガン~再発をご夫婦で戦い抜き、その軌跡の新聞連載が本になり、第51回エッセイスト賞に輝いた朝日新聞第一線社会部記者の「上野創(はじめ)氏」を予定しております。

参加申し込みは、このホームページ表紙にありますメールアドレス。往復はがきまたはファクシミリ(あて先は日本LDTワークショップ実行委員会)で受け付けております。

詳細と申し込み方法は、下記URLをクリックしてパンフレットをごらんください。

東京 11/12
http://www.ldt-workshop.org/images/discourse.pdf

神戸 11/17
http://www.ldt-workshop.org/images/discourse_koube.pdf

第23回ワークショップは中秋の名月にみつめられつつ終了しました

関連記事はトピックスにて紹介されています。

第23回ワークショップは中秋の名月にみつめられつつ終了しました

9月17日から19日にわたり、福岡県芥屋海岸の民宿芥屋荘を借切って、第23回「生と死、そして超越のためのワークショップ」が開催されました。今回も心に様々な苦しみや重石を抱えた方が多く参加されました。
昼間は30度近くまで気温が上がり蒸し暑い3日間でしたが、夜は、雲間から中秋の名月が煌々と照り山野の緑やススキをつややかに見せ、海の波面にキラキラと映りゆれる美しい夜を砂浜にていつまでも楽しみました。
宇宙船LDT-WS号による2泊3日の間を通じて、参加者おひとりおひとりの心の状態は、明らかに開放に向かうことが出来た方と最後までもがき苦しんだ方がいらしたように感じられました。しかし、どの方もご自分の抱えている問題と真剣に向かい合って解決の糸口をつかもうと必死に対面しておられました。その姿に感動しました。
現地事務局として準備活動に多大の労を尽くされました満岡内科消化器科医院 満岡院長に感謝いたします。

エリザベスキュブラーロス博士1周忌

この8月24日(日本時間8月25日の今日)で、エリザベスキュブラーロス博士がお亡くなりになってから1周忌を迎えます。
トピックスに記事を入れましたのでご参照ください。

EKR財団からのメッセージ

エリザベスの1周忌に、EKR財団より、世界で12名のエリザベスを支える人々に送られてきたメッセージです。
日本では東京麻布の堂園涼子先生と私に送られてきました。
Laynee Bluebird Reyna氏のご好意によりここに掲載します。



Remembering
Elisabeth Kubler-Ross
July 8,1926 August 24,2004

My note is to express what a blessing Elisabeth was in my life.. I am
thankful for the years I could be and learn with her...

Elisabeth's star is close above us tonight, brilliant in the gaze of the Full Moon.
The campfires in the night sky are celebrating with dance and drum.

Yes, and the moon rabbit has uplifted its drum beat to the pulse of the universe.
My Mother Earth and I look up and smile.

I'll be seeing you, kind Sister.

Love you,
Laynee Bluebird Reyna


Ken and Barbara thank you for your
loving support this past year!

書面はこちらをご覧ください。(宮崎輝彦)
「remembering ekr 2005」

ロス博士が亡くなって早1年が経ちました


昨年の8月25日、私のeメールに突然、エリザベスキュブラロスの最愛の子息ケネス・ロス氏より、<母エリザベスの死>を伝えるメッセージが飛び込んできました。
エリザベスが最後まで親しくしていた世界の十数名(日本は3名)に宛てたものでした。

これに遡ること3ヶ月前、6月にLDTのスタッフとともに彼女を訪問しました。LDTのテーマソング「ウイーブ」を合唱したとき、彼女の目から涙が流れ落ちていくのを見ました。

ケネスが写真に取ろうとすると、我々の送った喋の模様の浴衣で顔を隠したことが思い出されます。ベットにつながれ身動きの取れないこの肉体から、早く自由になりたいと述べておられたことが今でも耳に残っています。

8月18日は、ケネスがラスベガスに写真の仕事で来ているときに、エリザベスのお見舞いに、日本で作った千羽鶴を送りたいのだけどと相談したところ、彼女の容態は悪く彼女の目で見ることが出来ないかもしれないとのことでした。

この千羽鶴は、75名の祈りを込めた2000羽になって、彼女の元に送り届けられたのは、彼女を天国に誘うためとなってしまいました。(昨年9月1日付けの本トピックスに掲載した千羽鶴)

エリザベス・キュブラ-ロス博士(精神病医および生と死、子供、エイズに関する20作を超えるであろう多数の著作で有名)は、2004年8月24日火曜(日本時間25日)の夜に、晩年居住したアリゾナ州スコッツデール市にてお亡くなりになりました。彼女はご家族および親しい友人達によって囲まれ78歳の生涯を終えました。バイブル教会で葬儀は行われました。
彼女の最後の著書は、最近の本(Real taste of Life)で、スコッツデールの写真家の子息ケネス氏と共同で製作された写真ジャーナルでした。

昨年8月25日にケネスさん送った手紙の和訳:
ケンさん:
「あなたの偉大な母エリザベスの死を、我々はあなたとともに心から悲しみます。世界の人々は、偉大な死生学者でかつLDTの実践家として多くの人々の魂を救ったエリザベスを失い、深い悲しみに沈んでいます。
エリザベスの魂は、あなたがた最愛の家族の心に中に生き続け、そしてまた、我々の心の中にも生き続けるでしょう。
我々は、75名のエリザベスを知るLDTスタッフと友人達が、1ヶ月をかけて作り続けた、魂の2000の手つくり千羽鶴を、エリザベスにささげます。(宮崎輝彦)

癌患者さんを癒すオルゴール

トピックスをご覧ください。