記事一覧

エリザベスキューブラロス博士が国際女性栄誉殿堂へ選ばれました。

セネカ・フォールズ(ニューヨーク) 2007年の国際女性栄誉の殿堂(NWHOF)の中にエリザベス博士が選ばれました。末期症状を抱える方々の為の権利・ホスピス・ケア、リビングウィル(豊かに生きる)、生と死についてオープンに話す事についての改革運動家としてこの度殿堂入りされました。(詳しくはトピックスをご覧ください)

「世界中に感動を与えた20世紀最高の米国女性」に選ばれ殿堂入りします

エリザベスキューブラロス博士が国際女性栄誉殿堂へ選ばれました。

セネカ・フォールズ(ニューヨーク) 2007人の国際女性栄誉の殿堂(NWHOF)の中にエリザベス博士が選ばれました。末期症状を抱える方々の為の権利・ホスピス・ケア、リビングウィル(豊かに生きる)、生と死についてオープンに話す事についての改革運動家としてこの度殿堂入りされました。

「国際的な素晴らしい名誉を私の母の一生の仕事に与えて下さる事に感激しております。」と、彼女の遺志を継ぎ死に直面されている方々と、豊かに人生を生き抜こうとされる方々の為にキューブラロス財団を設立されたご子息 ケネス・ロスさんは仰っています。EKR(エリザベスキューブラロス)財団(www.ekrfoundation.org)。

ロス博士は米国において末期症状を抱える人々と彼らの家族に対する深いグリーフと死への取り組みを変革した方として知られています。彼女はの著書は27以上の言語に翻訳され、死に関する著書は20冊以上に渡ります。「尊厳死」の概念に対するバリアを突破するのに大きな貢献をされました。

NWHOF(www.greatwomen.org)はさまざまな評価条件に基づき米国人女性で最も貢献された方々を毎年殿堂入りさせる国際的非営利団体です。1969年のNWHOFの設立以来、217人の女性が殿堂入りされています。2007年10月7日、オンタリオ湖畔、セネカフォールズにあるニューヨークで最も伝統のあるニューヨークカイロプラクティック大学の広大な敷地内に設立されている国際女性栄誉殿堂に、ロス博士は他の8人の著名な方々とともに受賞され、殿堂入りされます。

・工学分野における女性の参画と貢献 エレノアバウム博士
・食の貢献が認められた ジュリア・チャイルドさん
・国際和平交渉プロセスでの女性参画貢献 スワニーハントさん
・環境保護運動家のウィノナラヂュークさん
・赤外線天文学における調査への貢献 ジュディス博士
・教育、芸術、政治、及び女性の能力推進貢献 キャサリンフィリーンシューズさん
・米国又、ユダヤ人の歴史貢献 ハンリエッタゾルドさん 
・反奴隷制度と女性の権利問題に貢献 マーサ・カフィンライトさん
9人の女性のうちロス博士含め5人はすでに他界された方々です。

授与式および記念式典、パーティー、特別講演は、2007年10月7日(日)にセネカ・フォールズにて。
ケネス・ロス氏が記念講演をされます。
前夜祭は2007年10月6日(土)に大学構内のクラブハウスで開催されます。
LDTワ-クショップからは、ロス博士と懇意であった弟子2名(奥津rち子氏、宮崎輝彦)が招待され列席する予定です。  
(報告者:スタッフ 山口靖代:外国幼稚園保育師)
      

第25回LDTワークショップは暖かい雰囲気に包まれて終了しました。

真っ青な空の下、穏やかな相模の海原に初夏の太陽がキラキラ輝き、山には木々の葉が黄緑から若々しい艶のある緑となり風にそよぎ、里にはつつじ、こでまり、藤、みずきの花々がそこここにあふれるように咲き、小道脇の畑には熟した大粒のみかんが枝をたわませ、そのどれもがわれわれの気持ちを和ませてくれる初夏の広々とした空間に抱かれて、ワークショップが終了しました。

今回も、やわらかでデリケートな粘膜をもつ「心の喉」に突き刺さっている魚の骨が、なかなか取り除けずにもがいておられる方々や、大切な方の死が支えを失い毎日の生活に生きにくさを感じながらさまよっておられる方々や、家庭内暴力による心とからだの傷から悲鳴を上げてこられた方々など、さまざまな問題を抱えて参加された方々とともに、2泊3日を過ごしました。おひとりおひとりがそれぞれの「心の痞え(つかえ)」を吐き出し、エリザベスの方法で癒され、これからご自分を支えていく未来に生きる「心の種」を持ち、晴れ晴れとした雰囲気で帰路につかれました。

下界の現実生活に戻りますと。幾多の困難もあると思いますが、このワークで得た「心の種」を大切に育てて、フレンズの皆様方がそれぞれに支えあって素敵な人生を作っていかれることをスタッフ一同こころから期待しております。

連休のゴールデンタイムを2泊3日にわたり全館貸し切りでお力をお貸しくださり、暖かく見守ってくださった「一望荘」管理人ご夫妻にこころから感謝いたします。

また、100%無償ボランティアシップで成り立つ私たちの生活者のこころの支援活動である「エリザベスキュブラロス博士の生と死、そしてそれを乗りこえるためのワークショップ」開催に深いご理解を頂き、快く新聞への開催告知をしてくださいました読売新聞東京本社生活情報部の皆様、大阪本社の関係の皆様に心より感謝申し上げます。(宮崎輝彦)

第25回LDTワークショップ終了のご報告

関連記事はトピックスにて紹介されています。

第25回LDTワークショップ終了のご報告

ご報告については、また後日に掲載いたします。
しばらくお待ちください。

第25回ワークショップへのお誘い






エリザベス・キュブラー・ロス博士の
 生と死、そして超越のためのワークショップ
(LDTワークショップ)


第25回ワークショップへのお誘い
開催地 神奈川県小田原市根府川
開催日 平成19年4月28日―4月30日


平成19年3月
日本LDTワークショップ実行委員会

参加について

*概要については更新情報をご覧ください。


 ワークショップの日時と場所 

 開催日時 

平成19年4月28日(土)13時現地集合
平成19年4月30日(月)11時現地解散

 開催場所 

会員制旅館 根府川「一望荘」
(ろっこう「いちぼうそう」)

250-0024
神奈川県小田原市根府川竹の上404
(相模湾を一望できるすばらしい景色です)
Elisabeth Kubler-Ross International Groups
日本LDTワークショップ実行委員会本部
157-0076 東京都世田谷区岡本1-3-1-206
TEL/FAX 03-3709-4803
LDTワークショップホームページ
http://www.ldt-workshop.org/

主催:日本LDTワークショップ実行委員会
協力:Elisabeth Kubler-Ross Foundation

2007年度ワークショップの予定
第26回ワークショップ
日時  平成18年10月予定
場所  兵庫県神戸市六甲山
連絡先  神戸連絡所




 参加申し込み 


 参加申し込み 


参加申し込みフォーム(Microsoft WORD 103kb)」をプリントアウトして、必要事項を記入し、下記の実行委員会本部に直接郵送していただくか、またはファクシミリでお申し込みください。
参加に関する詳細情報を差し上げます。また詳しくはお電話にてご相談させていただきます。
「参加申し込みフォーム」およびご記入いただいた内容は、個人情報として厳重に守秘されます。
この情報はワークショップにおけるあなたの支援にのみ使用し、別の目的では使用しません。
お申し込みいただきながらも最終的に参加されなかった場合は、ご記入いただいた「参加申し込みフォーム」を後日返送させていただきます。

 参加費 


5万円(参加費、宿泊費、食事代を含みます)

分割払いやご事情により一部助成の制度もございます。
遠慮なくお申し出ください。
このことに関しても、プライバシーは厳守されます。
参加費は、参加当日、根府川「一望荘」の会場受付で受領いたします。
事前のお振込みは、一切受け付ておりませんのでご注意ください。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。

 ご相談およびお申し込み先 


日本LDTワークショップ実行委員会本部
宮崎 輝彦(代表)
157-0076 東京都世田谷区岡本1-3-1-206
TEL/FAX:03-3709-4803

*こちらでも受け付けしております。

★ホームページに記載のメールアドレス
support@ldt-workshop.org

<神戸連絡所>
655-0037 兵庫県神戸市垂水区歌敷山1-5-19
佐橋 啓空(さはし けいくう)(通照院)
TEL/FAX:078-708-7722

<九州事務局>
満岡 聡(満岡内科消化器科医院)
840-0201 佐賀県佐賀郡大和町大字尼寺848-11
TEL:0952-51-2922 FAX:0952-51-2923

第25回LDTワークショップへのお誘い



エリザベス・キュブラー・ロス博士の
 生と死、そして超越のためのワークショップ
(LDTワークショップ)


第25回ワークショップへのお誘い
開催地 神奈川県小田原市根府川
開催日 平成19年4月28日―4月30日


平成19年3月
日本LDTワークショップ実行委員会

概要について

*参加についてはトピックスをご覧ください。



LDTワークショップ日本代表 宮崎 輝彦
LDTワークショップ日本創立者・元代表 卜部 文麿

第24回LDTワークショップ終了のご報告

関連記事はトピックスにて紹介されています。

第24回ワークショップは終了しました。

ご報告については、また後日に掲載いたします。
しばらくお待ちください。

第24回LDTワークショップへのお誘い




エリザベス・キュブラー・ロス博士の
 生と死、そして超越のためのワークショップ
(LDTワークショップ)


ldtws-logo
第24回ワークショップへのお誘い
開催地 神戸市灘区六甲山町北六甲
開催日 平成18年9月16日―9月18日


平成18年3月
日本LDTワークショップ実行委員会

概要について

*参加についてはトピックスをご覧ください。



 21年間にわたるLDT(生と死を乗り越える)支援活動 


わたくし達が続けてまいりましたこのワークショップも、日本で着想してから20年余の歳月がたちました。
今回で24回目を迎えます。
このワークショップは、米国において「死の5段階説」や終末期ケア、とりわけ「ホスピス」の創設者として世界的に有名であり、我国においても「死ぬ瞬間」シリーズや、最近では「ライフレッスン」などの著作で、医学界のみならず広い層にわたって知られている、エリザベス・キュブラー・ロス博士により、40数年前に終末期のメンタルサポートを目的として開始された、実践活動に端を発しています。
その後、死に直面する患者さんばかりでなく、その家族の方々や家族を失った方々、メンタルサポーターとしての医療従事者、種々の理由で心に傷を受け、立ち直れないでいる方々へと輪が拡大してゆきました。
現在では「精神死:Spiritual Death」(生きることに何らかの内面的な悩みを抱え込んでいる)の状態にある方々に対して、このワークショップは共通の効果を生じることが確認されています。

 このワークショップが求めるもの 


このワークショップは、他のワークショップやセミナーのような「自己の成長を目指す」ものとは本質的に異なります。
なぜなら心の悩みやわだかまりは、体の不調や病気につながることをよく理解していただき、生きていくことがつらくなるような心の奥のわだかまりや悲しみから「こころ」を解き放つこと、そして生きることに意味が見出せるような「こころ」の再生が目的だからです。

 以下ようなこころの状態にある方が参加対象 


このワークショップは、難病や身体障害、死の病に直面している方ご自身やそのご家族、または死別や生き別れた悲しみから脱出できないでいる方々、家庭内暴力の受傷者など、さらには今まで医療の対象にならなかった「生と死」をめぐる困難な状況にある方(自分の人生に解決しがたい重荷を背負い込んでいる方)、他の方からは些細なことと言われていても、ご本人には解決しがたい心の重荷があれば参加対象になります。
そのため、個人としての制約はありますが「明日を生きるために」わずかな時間を共有し、お互いの痛みを分かち合い、みずからも乗り越えようと思う方の参加をお待ちしています。
ホスピスなどにかかわる医療関係者をはじめ、職業上他者のために悩みを共有する立場の方々の体験参加も、受け付けております。

 このワークショップでおこなわれること 


このワークショップは、ロス博士が考案し、卜部文麿博士により日本に導入され、その後日本人に適合するようにアレンジされ、ロス博士立会いの下で確認され認証された方法をベースに行われます。
参加者の皆さんには「ワーク」と呼ばれる簡単な作業を自主的に実践していただくもので、講演会や研究会ではありません。
またいわゆる心理カウンセリングを受けていただく場でもありません。
ロス博士が考案した独特のグループワークを実践していただきます。
そして心に溜まりに溜まり、こびりついて吐き出せないでいる魂の叫びを発散させ「こころ」を開放に導く作業です。

 ワークショップのスタッフについて 


このワークショップの作業サポートを行うスタッフは、ロス博士よりLDTワークショップ実施者としての認証を受けております。
さらに全員無償のボランティアシップで成り立っています。
メンバーは精神科医師、内科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、心の相談員、臨床心理士、仏教者、キリスト者などから構成されています。
スタッフは医療関係者が多いですが、このワークショップは医療行為をするものではありません。
また宗教者がおりますが特定の宗教の布教活動や宗教的儀式を行うものでもありません。

 参加者のからだの状態に応じた対応をします 


スタッフは、さまざまな心と身体の状態でも対応できるようにしております。
重病の方や介助なしには歩くことが出来ない方のご参加に当っては、ご本人やご家族と、また場合によっては担当医師と相談し、期間中、最適のサポートに配慮します。

 参加者のプライバシー保護について 


参加される方々の住所、氏名、参加申し込みに記入したことは、個人情報保護法に則って厳重に管理され、このワークショップ参加にかかわること以外に使用しません。
ワークショップで表現された参加者個々の内容など、プライバシーに関することは厳重に守秘されます。
参加された個人の許可なく、ワークショップでその方が表現された内容について第3者に提供することはありません。
医学的重要性から、参加者のプライバシーの一部に触れる内容の学会発表が多くの方々のために役立つ
と判断した場合でも、事前にご本人から了解を得ずに発表することはありません。
マスコミ等からの取材で、個人の一部紹介することが期待されるような事例が生じたときには、必ず事前にご本人から了解の可否を得ます。
どのような場合でも、了解なく個人が特定されるような発表はありません。

 ワークショップへの参加をお断りする場合 


精神科的疾患のある方は時に悪影響が生じることが膨大な経験を通じてわかっておりますので、参加をお断りすることがあります。
このワークショップへのご参加は心理的依存性を生じる場合があるため原則1回限りとなっております。

LDTワークショップ日本代表 宮崎 輝彦
LDTワークショップ日本創立者・元代表 卜部 文麿